年金受給者でも借りられる?

定年退職をして年金暮らしになった方も、大きなお金が必要になることがあるかもしれません。しかし年金受給者でもカードローンを利用することは可能なのでしょうか?カードローンの利用には、安定した収入があることが必須条件となっています。年金も定期的に振込まれるものですが、収入として考えてもいいのでしょうか?
これに関しては、各銀行カードローンでも扱いが分かれています。収入として認めていないところもあれば、認めているところもあります。また認めてはいるものの、それにプラスアルファの条件をつけているところもあります。大手のカードローンは、年金受給者への貸し付けに対応しているところが比較的多いので、必要であるなら申し込んでみてもいいでしょう。
ただ、気をつけなくてはならないのが年齢制限です。カードローンを利用可能な年齢は最低が20歳以上、最高は銀行によって異なりますが大体65歳から70歳までとなっています。つまり70歳以上の方は、どうやってもカードローンに申し込むことができないということです。
こうして見ると年金受給者は、カードローン審査に申し込みをしてもあまり利用できないということが分かります。では他に方法はあるのでしょうか?いくつかあります。
年金受給者であるなら、「年金担保貸付」が利用できます。文字通り年金を担保にしてお金を借りるのです。これを行なっているのは「独立行政法人福祉医療機構(WAM)」だけなので、これ以外のところで申し込まないでください。「年金を担保にお金を貸す」とうたう金融業者は、絶対と言い切れるほどヤミ金か悪徳業者です。
「リバースモーゲージ」という、高齢者を対象にしたローンも利用することができます。家や土地を担保にし、返済は申込者が亡くなる、あるいは何らかの形で家を手放さなければならなくなったときに、銀行が担保にした家や土地を売ってそのお金を回収します。子どもに家を残せなくなりますが、継ぐ気がない、継ぐ人がいないという場合には問題ないでしょう。
その他にも、生活保護や生活福祉資金制度などもあるので、全く手立てがないわけではありません。
カードローンは、基本的には仕事をして安定した収入がある場合に利用するものとして考えましょう。金利という面から見ても、上記の方法の方がはるかに低いので利息負担が少なく済みます。

関連記事

You Might Also Like